消費者がお店を評価する
 いい街いち町振興会
【東京都】武蔵村山市・昭島市・福生市・羽村市・あきる野市・青梅市・瑞穂町
【埼玉県】所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市
 
消費者(利用者)がお店を評価する
   
消費者(利用者)がお店を評価する行為は当然のことです。
代金を支払って利用しているのは消費者だからです。

しかし、消費者がお客様ぶるのは得策ではありません。
昨今の、特にチェーン店では不満や苦情を受け容れる余裕や体制ができていないからです。

ですから、タイミングが良くないときに不満や苦情を言うと「クレーマー」のレッテルを貼られてしまいます。

お店に対して不満や苦情があるときは、2つの選択があります。
一つ目は、お店の責任者を呼んで不満や苦情を言います。その対応の仕方で、今後の来店を考えることにします。

不満や苦情を言うときは、攻撃的に言わないようにします。
できれば、質問調にします。そして同情的に言います。

2つ目は、不満や苦情を言わないで静かにお店を離れます。
お店を出たら、二度とこの店に来ないことを自分の心に刻み込みます。

ところが・・・
不思議なもので、ふとした拍子にまた同じお店に来てしまいます。
不満や苦情を忘れてしまうのですね!
記録していないからです。

理由がもう一つ・・・
代替のお店が見つからないからです。

私たち消費者が、地域のお店を応援することはとても大切です。
共存共栄と言っても過言ではないほどです。

で、あなたにも素敵なお店をピックアップしていただいて、さらに正当に評価していただきたいのです。

正当に評価しようとする行為が常態化してくると、
今まで自分が利用していたチェーン店などに対する評価が低くなります。
利用していたことが恥ずかしくなることもあります。

私たちがお店を正当に評価しないまま利用していると、私たち自身のレベルが下がっていきます。

でも、そのことは実際にはなかなか気が付きません。
知らないうちに常識化してしまうからです。

ですから、素敵なお店を利用し、正当に評価することはとても大切なことなのです。
 
    
   
  
 
    
   
  
 
  
   
  
 
  
   
  
 
 ↓ お店を推薦していただけるとき
 
【ご案内】
会員登録は、原則として「いい街いち町振興会」事務局(ナミ広告研究所)の担当者が訪問して登録の可否の確認をさせていただきます。
審査により登録できないことがあります。
 
 
 
「いい街いち町振興会」地域
【東京都】武蔵村山市・昭島市・福生市・羽村市・あきる野市・青梅市・瑞穂町
【埼玉県】所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市