ナミ広告研究所
 今日の新聞購読事情/新聞・雑誌など   
「子供には新聞を読ませないと!」と若い父親が言う<181026>
「子供には新聞を読ませないと!」と若い父親が言う
   
ラジオだと思うのですが、こんなことを伝えていました。

「子供には新聞を読ませないと!」と・・・。

最近の父親は偉いなあ!
昨今、ネットの普及で活字離れが進んでいるという。

感じを読むことは何とかできても、漢字を書くことができない。
ラインやメールの普及で短縮語が横行し、日常会話にも飛び交う。

新聞を読むことで社会を知り、考える力をつける。
新聞を読めば、政治への関心も高まる。

最近の父親は偉いなあ!
子どもに新聞の購読を勧めるなんて・・・。

とは言うものの理由はちょっと違うらしい。
「子どもには有名な大学に入って欲しい!」
「新聞の記事が大学入試の問題になるから・・・!」が主な理由らしい。

親が目指すのは子供の高学歴です。
公務員にしても、一般社会においても高学歴は有利です。

親が子供に託している姿が目に浮かびます。

ところで、その父親は新聞は全く読まないらしい。
「ニュースはスマホから流れてくるし・・・!」

一応新聞は購読しているが、両親は共働きで読む時間がない。
今日も新聞の間いにチラシが挟み込まれたままソファーに鎮座している。

夕方までそのままで、帰宅して邪魔になるから片付ける。

親は読まないが、子供には「読め!」という魂胆です。
せめて、子供だけには・・・高学歴で・・・

父親は社会の縮図の悲哀を身に染みて感じているようです。
<181026>
当サイトは、リンク先でのトラブルや事故に関して、一切の責任を負いません。